スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

う、うん。めでたいね。美味しいね。いい匂いだね。

しおんちゃん
■『GJ部』の放送は終わったけれど僕が録画をリピート(BD買ったけど再生機持ってないから)するのは終わらないンだ。なんだこの…癒やしとエロスと可愛いが、かつてなく絶妙な塩梅のアニメイションは。こいつめ!

■『ラブライブ!』も面白かったなぁ。物語に関しては「なんじゃそりゃ!」とツッコミいれたくなる展開も少なくはなかったのだけども、変に世界観を広げ過ぎず、あくまで学園内のアイドルというヒロイン達の心理状態に描写の焦点を絞ってあるので「細かい事気にすんな!」という勢いが良い方向に機能してたと思った。それとは別に各話に繋がりを感じられる手堅い作りな部分もちゃんとあっていいよね。最終回の穂乃果がダンスゲームで日々の練習を思い出すシーンとかかなり好き。アニメは終わってもプロジェクト自体はまだまだ続いていくようなので楽しみなンだ。

■前期も割とそうだったのだけど最近放送してるアニメで好きになれる番組が多いのが嬉しいね。美味しいね。いい匂いだね。今期だと『惡の華』がGJ部の監督が褒めてたとか聞いたので(Q.「それ何処情報スか?」A.「ネット」)試しに見てみたら、ふーむ、なるほどなるほどなるほどーって感じ。映画的な画作りを意識してる作り手の人達は究極的にはああいうのをやりたいのかな?とか思ったり。北野武映画の静と動の緩急が好きな自分としては是非付き合ってゆきたい!

■あとは『錬金3級まじかる?ぽか~ん』の八谷×井出両氏の新作『絶対防衛レヴィアタン』が良過ぎる。まじぽかとは違う世界観ながらも、キャラクターの奔放な倫理観に伴う脱力展開は確実にまじぽかのソレ。この人達の演出する「可愛い女の子」って変に形骸化してないというか本能に素直なのがいいよね。いい…。完全にギャグに全振りって訳でもなく物語的にも期待できそうな要素もちょいちょいありそうなのでそっち方面でも期待してゆきたい!
スポンサーサイト

GJ部いい…

しおん色
■いいよね…。僕も大好きだ! 一見ありふれたのほほん部活モノやハーレムモノといったジャンルに見えるけども、実は核の部分は結構特殊で、ヒロイン達は明らかに男の子に好意を示しているのに延々と寸止めされていて、その寸止め具合そのものを楽しむという、Mっ子大集合的な属性のアニメじゃないかと僕は思ってるのですが、どうでしょうか。これって新感覚だと思うな。あまりにいい…のでBDとサントラ買っちゃいましたよ。しかしBD再生機を持ってないので特典CDとサントラを延々聞いているのだ。

■あと今季はラブライブ!がじわじわ好きになってきた。最初の話数の頃はインド映画っぽい話の強引さとノリに少々混乱させられていたものの、そのノリに慣れてくると妙に段取りめいた話運びや大仰な演出が段々と快感に…。ヒロイン達の2/3くらいが変な声--もとい、味のある声なのもいいよね。いい…。お気に入りは星空凛ちゃんです。可愛い…抱きしめたい。
うわー!凛ちゃんだ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。