スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新が鈍足化したけど

新規キャンバス
■エタってない!けっしてエタってないぞ!!
スポンサーサイト

パーツ毎にレイヤーを重ねるんじゃなく

新規キャンバス 新規dバス
■一部の違いがあっても、一枚絵全体を切り替える方式なら、上に着てるもの程大きくしていく必要はないのだけれど、最終的な容量が怖いんだよね。 こればっかりは、ある程度作業が進んだ状態じゃないと見通しがつかないし、結局は、拘りとの天秤になるのかな。

バランス調整

新規キャンバス

■あんまり豪華しちゃうと、騎士に見えちゃうんだな。ということを学びました。

着せた

新規キャンバス

■うーん……うん。うん?……うーん……。って、感じ。 鎧のことも1から勉強しないと駄目くさいわね。 進まぬーん。

今更だけど

新規キャンバス

■こういう、胸を押しつぶしたような表現は、着衣状態だと、どうすりゃいいんだろう。考えてなかった……。しかも、着衣っていうか、「衣」じゃなくて「鎧」だから、それだけかさばる面積も増えるのに。 ……二次元の魔力を信じるんだ。

腹の減った侍、探すだよ

新規キャンバス
■食事が報酬の傭兵なので、当然、主人公はお腹すいてる状態でスタートするのです。 最初の登場シーンはこの表情からしか考えられない! 膝立ちの立ち絵とちょっと被るけど、巧く使い分けてゆきたい。

もう一度、握り方から教えてくれろ

新規キャンバス

■柄にあてた手が、何か違うような気がしてならない。 あと剣を携行する為のベルトがよくわからないので、ぱんつにつっこんだ。 剣の種類は、バスタードソード的、グレートソード風の何かになりました。 こういう長い剣を見てると、菊千代持ちさせたくなる。 何らかの形で実現させたい……。

昨日の修正

新規キャンバス

■煽り構図って絵になる。 それだけで劇的になるというか、何かしらのドラマを感じちゃうよね。

それはそうと、剣もちゃんと描けるようにならないとだなぁ。なんとなくじゃなくて、これはどういう剣なのかも決めたいところ。 女性であることや、初期装備であることなんかを考慮すると、刺突武器がそれっぽいんだろうけど、絵的にインパクトが薄くてよろしくない。 そのへんを天秤にかけると、バスタードソードか、トゥハンドソードあたりが良いのかな。

そういった理由から、農民と傭兵の他に、武器についても軽く調べてる最中で、ロングソードは騎兵が片手で持つ剣だとかって、初めて知りました。 とりあえず、戦士が持つ武器はロングソードなのかと思ってました。はい。

戦闘立ち絵

新規キャンバス

■やっと、それっぽいのができたかもしれません。 剣が鞘に収まってるお陰で、戦闘以外でも使えそうな予感。

はい、今日もマイナーチェンジでした……

新規キャンバス

■だいたい、明日から本気だすなんて言うやつは今日も本気出さないですよ。 んにゃ!日課にしてるポーマニはちゃんと毎日やってるし。卑下すんな卑下すんな。 30秒ドローイングは、まだ60秒じゃないと一体描けないせいか、イマイチ効果があるのか実感が湧かないけれど、ネガティブ・スペースの方は、ほんとビックリするくらい実感あって気持ちいいでっせ。

20150903.jpg

お尻に、うま味が足りない

新規キャンバス
■とか言いながら修正していく。 で、冷静に考えたら、こんなことしてたんじゃ一枚にダラダラ費やしてるのと同じでわないかい。 一日一枚の新しい絵を描けるのが理想だけれど、発想力が、まだまだ貧困なので、中々に辛い。 でもそれくらいの気概じゃないと、完成までに1年とか2年とか平気で費やしてしまうのは明白! 明日こそ本気出す。

目処が立ってきた

新規キャンバス
■剣持たせたら、戦闘用の立ち絵みたいで、いい。 膝から下は、ツクールの狭い画面じゃ表示されないので描かなくていい部分なのだけれど、ちゃんと地面に立ってる状態を想像して描けるようになったのは、進歩かもしれない。

昨日とオトツイのを修正

x.png
■少し可愛くなったと思う。 この方法いい……。  今までのように、納得いくまでダラダラ描くのでなく、とりあえず描いてちょこちょこ直していくのだ。  考える前にやる。という今年の頭に決めた目標にも沿っていて良い。

そして振り向きは、決めポーズ過ぎるせいで、あんまり汎用性がないような気がしてきた。  もうちょっとさり気ない感じの振り向きが欲しい。

振り返り

新規キャンバス

■汎用性が高そうな気がする。

ぱんつの上から見えるお尻の谷間いいよね いい…

新規キャンバス
■そういや、こういう立ち絵の向きって、みんな、どういう基準で決めてるんだろ。 会話の最中に、正面向いたり、横向いたりするとプレイヤーの視線が落ち着かないだろうし、統一した方がいいのだろうとは思うんだけれども。

我が愛メイド、『深緑園ぱんこ』が、


ある日、突然キッチンに立ち、何か呟きはじめる。

img20150902205644.jpg

いったい、どうしたのかと尋ねると、

img20150902205728.jpg

どうやら、オムライスを作りたいらしい。

むずかしい年頃なのかな、と思ふのであった。


■昨日のをちょっと修正。 お胸の感じはどっちにしようか。 両方とも採用して、乱数仕込んで、どちらかが出てくるというのが理想だけど、それを許していると、際限なくパターンが増えそうで怖い。 でも、その方が嬉しいよ。少なくとも自分は嬉しい。

RPG立ち絵

クリティカルヒット

RPG立ち絵
が出ると、ちゃきーん!と、こういうカットがインするのだ!

■とりあえずガシガシ勢い任せに絵を描いてゆくんだ。 そいで、SAIの作業スペースの端っこに集めていって、おかしいと感じた所を細かく直してゆくんだ。 この方法が一番よさ気だ。

■中世の傭兵と農民の本を買って読んでる最中なので、これを読破してからでないとツクールにもシナリオにも手が付けられない。 その間、絵をガシガシ描いてゆくんだ。 ええい、描けったら描くのだ!

のぶせり、つっころすだ

RPG立ち絵
■奴隷みたいな格好で、村人とは違うなーと感じたので、もうちょっと布面積を増やして、もこもこしたシルエットを足してみたら、だいぶん可愛くなった。 気に入ったので、この子はこれで決定しちゃう。 特に裸足なのが好き。 指輪物語のホビットから影響を受けてるんだろうけど、朴訥な印象と、秘めた力強さみたいなものを感じる、良いファクターだと思う。

外しちゃいけないポイントは、貧乏そうな印象と、大きな本を肌身離さず持ち続けるという部分なので、そこをクリアできれば、あとは好きで良いのかもしれない。

こんな感じの子供が出る予定

RPG子供
■主人公の下宿先の家に住んでる子。 無気力っぽい外見に反して、シナリオ上の台詞は、とっても多いのだ!

RPG製作の現状報告です。


画像はカスタムメイド3D2(本文とは無関係)。
カワイイ。


■処女作なのだから、ストーリーは、簡素なものでいい。 そもそもは、少女剣士が少々アレな格好で、真剣に戦っている姿を眺めてニヤニヤするのが目的なのだから。 となると、一つの村を拠点に、4~6つのダンジョンを攻略する程度のものが好ましい。 18禁RPGでよくある規模のものだ。

物語を真っ当に構築したこともないので、何か古典的名作を参考にしてみよう。 ……そういえば七人の侍なんて、時代背景も中世で小さな村が舞台だし、シチュエーション的にも似通うものがあると思う。 よし、このプロットを軸にお話を作ってけば、意外と早く終わるんじゃないか?


そんなふうに考えていた時期が、僕にもありました。


■改めて、七人の侍を観ることにした。 しかし、なにぶん61年前の古い映画だ。 最初に視聴したバージョンは、音声も聞き取り辛く、ストーリーの概要こそ分るものの、細かい台詞が聞き取れない。 これでは、農民の苦悩や侍達の胸の内が明確に享受できず、何とも歯がゆい。いや、それ以前に、こんな面白い映画を中途半端な形で視聴するということが我慢ならない。

調べてみると、最新のソフトでは、画質の補修もされていて、音声もクリアになり、字幕までついているという至れり尽くせりな仕様とのこと。 しかもお値段2000円! 早速Amazonで注文だ! 


このへんから歯車がズレた。


■七人の侍を満足のいく形で視聴する。 はっきり言ってもう虜である。 物語としては、後に続く幾多の創作の流用元とでも言えばいいのか、極々オーソドックスなものだ。 しかし、そこに息づく人間の描写というか、「あたりまえにあるもの」を演出する力がとてつもない。 迫力のある構図だとか、目を引くエキセントリックな画面処理だとか、そういう表面上のことではない、人物と世界の在り方、内在的な事象を包括しているのだ。 その前提条件があってこそ、ストーリーの面白さ、没入感を生む。 良い土台は、家も頑丈になる的なアレである。 なんて、今更この作品の凄さをドサンピンのオイラが語ってもしょうがないのだが、とにかく人物の言動・描写の一つ一つに、物語の広がりを感じずにはいられない。

そのあたりの見識をもっと深めたいと思い、ネットサーフィン(死語)したならば、中世の農民と侍の係わりを正確に知りたくなる。 いや待て、ゲームの方はヨーロッパだから、農民と騎士、あるいは傭兵の関係ではないのか!? 浪人が野盗化して弱者を脅かすなんてのも、お国柄の差異があるんじゃないのか!? ……なんて、調べていくうちに、色々と資料として欲しい本なんかも出てきたりして。


ああ、これが俗に言うエタるってやつなのか……。


■ついでに、ファンタジーゲームの祖であると名高い、ロード・オブ・ザ・リングくらいは見ておいた方が、何かと参考になるかもしれない。 映画公開当時は、そのタイトルから、リングシリーズ(貞子のやつ)の関連作品くらいにしか思ってなかった為に興味が無かったが、今は違う。 何事も基本を知らなければ始まらない。 そもそも僕は、ファンタジーに関しては、TVゲームの有名RPGを数本プレイした程度の知識しかないのだ! ん……なになに?これは劇場公開版と、ソフトだけで観られる完全版があるの? まぁ、とりあえず通常版を見ておけば、だいたい分るでしょ。うんうん。 え、全部で三部作もあるの?へー。


――視聴後――


ちょっと、なにこれ!?サイコーーーーっ!!111!!完全版を買(ry

戦闘画面

RPG立ち絵

■基本的にはこんな感じで、ほぼ完成かな。あとは採用するシステムによって多少変えるかもしれないけど、このレイアウト作るのに6時間くらいかかっちゃったので、なるべくなら、もう弄りたくないなぁ。

■画面右下を見てもらうと解ると思うのですが、アクター(本来なら2人目、3人目と、旅の仲間として登録する枠)を、装備として扱っちゃってるのですね。なんでこんなコトしてるかというと、装備そのものに耐久値を設定する方法がわからなかったからというのと、試しにアクターを装備にしてみたら、これはこれでグラフィカルで楽しいじゃないか、と思ってしまったのです。一旦、戦闘になったら、基本的に逃走ができず、装備を盾にして力押しするような戦術スタイルにするつもりで、ブレストプレートが壊されると胸部が、タセットなら腰部が露出という具合に立ち絵が変化。プレイスタイルによって着せておきたい部分を任意に残せるような調整をすれば、自分が理想としていたシチュエーションに近づくのかなぁ、なんて思ってます。なんだか簡単そうに言ってるけど、実現できるかどうかは別問題。でも、言うだけならタダだから良いのだ!

おれが思う たしかなことは ツクール!

エラー

エラー要因を 次みた瞬間 オレはたぶん…
プッツンするだろうということだけだぜ

■でも、不意に落っこちるようなエラーは消せたと思う……たぶん。 誤解なきよう説明させていただきますと、意味もようわからんのに記述を弄ったせいなので、悪いのは全部自分なのです。はい。システムの癖というか、「何ができで何ができないのか」みたいなとこが少しづつ解ってきてるので、実はそんなにストレスはないです。むしろ楽しい。脳汁ぼーん!な感じ。

完成度:2%

rpg04.jpg
■なにはともあれ欲しい職業、アーマーナイト。貧乏所帯である主人公のお仲間達が、寄せ集めの鉄板で作ってくれたというイメージ。突撃槍みたいので突っついて、接近されたらショートソードで対応する、みたいな設定で、腰に二本マウントしてるのです。とか考えてたら、鉄板の内側に仕舞っておいた方がかっちょいいかも!とか思いついたりするんだ。

■公式の講座はクリアしたので、最近は、有志様が提供してくださるスクリプトと格闘中。テキストの方も、プロローグというか、序盤というか、始まりのお話をカタカタ中。会話を考えるのって楽しいですね。うふふ。立ち絵もチマチマ描き中。5~6体描いたけれど、これの三倍は欲しかったりする……のだけれど、あんまり根を詰めてバッテリー切れを起こしてもざんないので、公式の講座にも教えられた通り、まずは、プロローグを完成させることを当面の目標にすりゅんだ。

公式の講座はコモンイベントまで理解しました。



■理解したとは言ったけれど、出来上がったものにバグがないとは言ってない。……てな具合に、ままならないことはあるものです。けれども、意外に自由度が高いことが解ったのもまた事実。あとはどの程度までアイディアを切り詰めるのかの勝負になるのだろうなぁ、なんて思ってマス。勿論、自分の飽きっぽさとの勝負です。僕は真剣に戦ってる女の子の色んなところがチラチラ見えるようなシチュエーションが大好きなのだけれども、完璧に嗜好に合う作品っていうのには中々出会えないもので、最低限、そんな自分を満足させるものを作れればそれでいいかな。くらいなノリで。

■それにはイベント絵というより、立ち絵で衣装がさり気なくめくれたりするのが良いんじゃないかなと思ったわけです。例えば、RPGや格闘ゲームやソーシャルゲームなんかの女性キャラは、「これ角度によっては絶対見えてるよね!?」みたいな衣装でもちゃんと見えるものっていうのは少ないじゃないですか。それはそれで好きなんですけれども。逆に、これ見よがしに見せるというのもあるけれど、何か手段と目的が入れ替わってしまったかのようでシックリこない(好きですけど)。なので、理想は、戦闘や村人との会話なんかで頻繁に女の子にリアクションを取らせることで、その都度衣装の揺れ具合なんかでチラチラするのが良い。それには立ち絵がどれだけ必要なのかという話になってくるのです。「普通の中にある小さな幸運」というバランスを取る為には「普通」を描かないといけない。それがたぶん最も難しいと思うのです。

記事カテゴリ作ってみました。

rpg02.jpg
▲基本の勉強に平行して立ち絵も描いてゆくんだ。

■ストーリーの概要はほぼ決まったけれど、絵はまだ固まってにゃい。とりあえずアーマーブレイクは絶対に盛り込んでゆきたい!

アイドルじゃない。ろこどるだ。

RPG01.jpg

■最近DLsiteで売ってる同人ゲームが面白いので、触発されてRPGツクールの勉強してます。案外覚えることが多くて大変。でも脳が気持ちよくなる液体をたくさん分泌してるのがわかる!現在OHPの講座で消化したのは3割程度。先は長いけど気持ち良いのでじっくり学んでゆきたい!


■後学のために先人のツクール製ゲームを意識的に見るようにしてるのだけど、その中で一番感銘を受けたゲームを紹介します。クソみてーなタイトルと内容だけど騙されたと思って最後まで見て欲しい!おおひなたごうライクなシニカルな着眼点にも注目だ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。