スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦闘画面

RPG立ち絵

■基本的にはこんな感じで、ほぼ完成かな。あとは採用するシステムによって多少変えるかもしれないけど、このレイアウト作るのに6時間くらいかかっちゃったので、なるべくなら、もう弄りたくないなぁ。

■画面右下を見てもらうと解ると思うのですが、アクター(本来なら2人目、3人目と、旅の仲間として登録する枠)を、装備として扱っちゃってるのですね。なんでこんなコトしてるかというと、装備そのものに耐久値を設定する方法がわからなかったからというのと、試しにアクターを装備にしてみたら、これはこれでグラフィカルで楽しいじゃないか、と思ってしまったのです。一旦、戦闘になったら、基本的に逃走ができず、装備を盾にして力押しするような戦術スタイルにするつもりで、ブレストプレートが壊されると胸部が、タセットなら腰部が露出という具合に立ち絵が変化。プレイスタイルによって着せておきたい部分を任意に残せるような調整をすれば、自分が理想としていたシチュエーションに近づくのかなぁ、なんて思ってます。なんだか簡単そうに言ってるけど、実現できるかどうかは別問題。でも、言うだけならタダだから良いのだ!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。