スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

45秒でやってみたら

30秒
■案外イケた。 くおりてぃは、多少落ちてる気がするけれど。 でも、流石に、数秒でも余ることは無くなったので、今は、これが限界っぽい。 このドローイングに限らず、「描く」ということに対する抵抗感も、日に日に薄れていて、無心になれる時間が増えた。これがすごくありがたい。 今までは、できるだけ綺麗に、とか、上手に描かなきゃ、みたいな意識が、多かれ少なかれ働いていたんだけれども、そういう思考が飛びつつある。 ありがたい。
スポンサーサイト

更新が鈍足化したけど

新規キャンバス
■エタってない!けっしてエタってないぞ!!

パーツ毎にレイヤーを重ねるんじゃなく

新規キャンバス 新規dバス
■一部の違いがあっても、一枚絵全体を切り替える方式なら、上に着てるもの程大きくしていく必要はないのだけれど、最終的な容量が怖いんだよね。 こればっかりは、ある程度作業が進んだ状態じゃないと見通しがつかないし、結局は、拘りとの天秤になるのかな。

バランス調整

新規キャンバス

■あんまり豪華しちゃうと、騎士に見えちゃうんだな。ということを学びました。

着せた

新規キャンバス

■うーん……うん。うん?……うーん……。って、感じ。 鎧のことも1から勉強しないと駄目くさいわね。 進まぬーん。

今更だけど

新規キャンバス

■こういう、胸を押しつぶしたような表現は、着衣状態だと、どうすりゃいいんだろう。考えてなかった……。しかも、着衣っていうか、「衣」じゃなくて「鎧」だから、それだけかさばる面積も増えるのに。 ……二次元の魔力を信じるんだ。

腹の減った侍、探すだよ

新規キャンバス
■食事が報酬の傭兵なので、当然、主人公はお腹すいてる状態でスタートするのです。 最初の登場シーンはこの表情からしか考えられない! 膝立ちの立ち絵とちょっと被るけど、巧く使い分けてゆきたい。

右脳13日ぶんのビタミン

20150916.jpg
■休み休みだと半年、連日だと2ヶ月くらいやってみたけれど、いいと思う。  右脳を鍛えるトレーニングだからして、形を覚えるというよりも、脳が、良い意味で馬鹿になれる時間が増えた気がする。 それだけに、これまでがどれ程、(屁)理屈で描いてたかが分った気もする。 しかし、依然1体・60秒を抜け出せない。15秒くらい余る時もあるけれど、大抵は、60秒ギリギリで「プップップ」とか言われてムガーってなる。 でも、タイムは縮んではいるのだから無駄じゃないってことさ。たぶん。

あとは、以前より、何を描くにも抵抗が薄れてきた。よい意味で不感症になってきた気がする。 アタシは頭よりも身体で発散するほうが向いているのかも知れない。これやった後は、適度にマラソンやった後みたいな、スッキリ感があるもの。

あとは、「見る目」も、だいぶん養われるような気がする。自分の絵で何処が変な箇所なのか、前より気がつくのが早くなった。 ただ、パーツそのものの練習をまったくしてないせいで、手なんかは今だに自分の手を見ながら描いてる。それがストレス。 もうちょっと頑張ろう。

ad_creative.jpg
■あと、関係ないけど、この「独身の巫女ちゃん」(勝手に命名)って可愛いよね。 どう見てもまだ10代なのに行き遅れを感じてる謎さ加減も、神秘的な魅力を醸し出すのに、一役買っていると思う。

もう一度、握り方から教えてくれろ

新規キャンバス

■柄にあてた手が、何か違うような気がしてならない。 あと剣を携行する為のベルトがよくわからないので、ぱんつにつっこんだ。 剣の種類は、バスタードソード的、グレートソード風の何かになりました。 こういう長い剣を見てると、菊千代持ちさせたくなる。 何らかの形で実現させたい……。

昨日の修正

新規キャンバス

■煽り構図って絵になる。 それだけで劇的になるというか、何かしらのドラマを感じちゃうよね。

それはそうと、剣もちゃんと描けるようにならないとだなぁ。なんとなくじゃなくて、これはどういう剣なのかも決めたいところ。 女性であることや、初期装備であることなんかを考慮すると、刺突武器がそれっぽいんだろうけど、絵的にインパクトが薄くてよろしくない。 そのへんを天秤にかけると、バスタードソードか、トゥハンドソードあたりが良いのかな。

そういった理由から、農民と傭兵の他に、武器についても軽く調べてる最中で、ロングソードは騎兵が片手で持つ剣だとかって、初めて知りました。 とりあえず、戦士が持つ武器はロングソードなのかと思ってました。はい。

戦闘立ち絵

新規キャンバス

■やっと、それっぽいのができたかもしれません。 剣が鞘に収まってるお陰で、戦闘以外でも使えそうな予感。

はい、今日もマイナーチェンジでした……

新規キャンバス

■だいたい、明日から本気だすなんて言うやつは今日も本気出さないですよ。 んにゃ!日課にしてるポーマニはちゃんと毎日やってるし。卑下すんな卑下すんな。 30秒ドローイングは、まだ60秒じゃないと一体描けないせいか、イマイチ効果があるのか実感が湧かないけれど、ネガティブ・スペースの方は、ほんとビックリするくらい実感あって気持ちいいでっせ。

20150903.jpg

お尻に、うま味が足りない

新規キャンバス
■とか言いながら修正していく。 で、冷静に考えたら、こんなことしてたんじゃ一枚にダラダラ費やしてるのと同じでわないかい。 一日一枚の新しい絵を描けるのが理想だけれど、発想力が、まだまだ貧困なので、中々に辛い。 でもそれくらいの気概じゃないと、完成までに1年とか2年とか平気で費やしてしまうのは明白! 明日こそ本気出す。

目処が立ってきた

新規キャンバス
■剣持たせたら、戦闘用の立ち絵みたいで、いい。 膝から下は、ツクールの狭い画面じゃ表示されないので描かなくていい部分なのだけれど、ちゃんと地面に立ってる状態を想像して描けるようになったのは、進歩かもしれない。

昨日とオトツイのを修正

x.png
■少し可愛くなったと思う。 この方法いい……。  今までのように、納得いくまでダラダラ描くのでなく、とりあえず描いてちょこちょこ直していくのだ。  考える前にやる。という今年の頭に決めた目標にも沿っていて良い。

そして振り向きは、決めポーズ過ぎるせいで、あんまり汎用性がないような気がしてきた。  もうちょっとさり気ない感じの振り向きが欲しい。

振り返り

新規キャンバス

■汎用性が高そうな気がする。

ぱんつの上から見えるお尻の谷間いいよね いい…

新規キャンバス
■そういや、こういう立ち絵の向きって、みんな、どういう基準で決めてるんだろ。 会話の最中に、正面向いたり、横向いたりするとプレイヤーの視線が落ち着かないだろうし、統一した方がいいのだろうとは思うんだけれども。

我が愛メイド、『深緑園ぱんこ』が、


ある日、突然キッチンに立ち、何か呟きはじめる。

img20150902205644.jpg

いったい、どうしたのかと尋ねると、

img20150902205728.jpg

どうやら、オムライスを作りたいらしい。

むずかしい年頃なのかな、と思ふのであった。


■昨日のをちょっと修正。 お胸の感じはどっちにしようか。 両方とも採用して、乱数仕込んで、どちらかが出てくるというのが理想だけど、それを許していると、際限なくパターンが増えそうで怖い。 でも、その方が嬉しいよ。少なくとも自分は嬉しい。

RPG立ち絵

クリティカルヒット

RPG立ち絵
が出ると、ちゃきーん!と、こういうカットがインするのだ!

■とりあえずガシガシ勢い任せに絵を描いてゆくんだ。 そいで、SAIの作業スペースの端っこに集めていって、おかしいと感じた所を細かく直してゆくんだ。 この方法が一番よさ気だ。

■中世の傭兵と農民の本を買って読んでる最中なので、これを読破してからでないとツクールにもシナリオにも手が付けられない。 その間、絵をガシガシ描いてゆくんだ。 ええい、描けったら描くのだ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。