スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アキバレンジャー2話

新規キャンバス
■一部の人の間で絶賛放送中のアキバレンジャー。気になったトコに浅めの突っ込みをいれていく試み第二話編!BSでは6話まで放送が進んでいるのでピッチを上げてゆきたい!そして出来ればこの感想めいたものも最後まで完走してゆきたい!

【≪ナレーション≫「~脳内だけで戦う三人の戦士がいた」】
いきなり確信めいた言葉である!過去にも「本来の地球は崩壊していて、今オレ達が暮らしている街は虚構だったんだー!」とか、ネトゲやサイバーワールドに入り込んで戦っちゃうんだーぜー的なシチュエーションの創作物は数多くあったけれど「脳内だけで戦う」と客観的、且つ、ぞんざいに割り切った言い方で済ませてしまう男気あふれる作品があっただろうか!?

【道端でシャドーする3人】
これは危ない!見た目にもそうだが狭い場所で妄想状態に突入すると色々な所に身体をぶつけて大ケガ!そんな事になればもうアキバレンジャーは断念するしかないッ!

【現場に到着するパトカー】
あたしゃてっきり、この三人を捕まえにきたのかと思ったわよ!ていうか何で無視するんだw

【「結局敵なんか居なかったって事だろう…あんなに盛り上がって~」】
盛り上がってましたな!滅茶苦茶盛り上がってた!悲しいBGMと相まって、赤木さんの心境を考慮すれば確かに悲しいシーンの筈なのに何故かワラけてくるバランスが素晴らしいシーンだ!

【「悪の存在を感じて妄想を抱くと、MM-Zを通じて3人が同じ妄想を共有できるのよ」】
つまり『戦隊の悪役のような姿かは別として悪は確実に存在する』『MM-Zを持っている限り、いつ妄想世界に入り込むか解らない』という事ですな。「悪が存在する」というのは現実的に考えれば当たり前過ぎる事を言っているけれど、これが前回葉加瀬が言っていた『敵』に同義するものなのか非常に臭う所。現実と妄想世界の境界線があやふやなのは、モダンホラー的なギミックを期待できそうでワクワクしますな。一見、特撮オタクネタに傾倒したギャグ路線と思われ気味の本作だが、ワテクシが最も注目してるのはこの辺りの設定の使い方、製作者様方の調理法なのであります。

【「妄想だったら頑張って敵に勝っても何の意味もなかったじゃないか!」】
これは普段、妄想癖に囚われて非現実に陶酔してる赤木さんだから重みのある台詞ですな。妄想ではなく現実で変身できた。夢が実現した。それが否定される事に憤りを感じる。普段妄想ばかりしてるのだから同じ事じゃないかとも思ってしまうが、果たしてそれは本当に満足していると言えるのだろうか?この矛盾を抱えた思考が非常に人間らしくて好きだ。

【「…俺は、レッドとしてどうすれば良いんだ…」】
あれだけタンカ切って飛び出してきて第一声がそれかよ!あくまでレッド役を与えられた事は否定しない実にレッドらしい性格に乾杯!…そんで、そこ何処だよ。傷心かかえて逃げた先が、東映特撮でおなじみの「いつもの地下駐車場」って!面白すぎる!

【「カレー大盛り!あと2杯おかわりね」「4杯もですか?2杯で充分なのに」】
これはキレンジャー事、大岩大太がスナックゴンで最初にカレーを注文した時のやり取りですな。後にも先にも戦隊の元ネタチョイスが拾えるのはゴレンジャーくらいだろうなアテクシ。因みに葉加瀬も言ってるけれど、戦隊のイエロー=カレーという図式はパロディにパロディを重ねていった作り手の洗礼を受けてしまった世代ならではの誤解かもしれないことを考慮すると、ヤングであるゆめりあがそう勘違いするのは非常にリアリティのあるシーンだと言えよう!

【「素かもしれないし、素じゃないかもしれないニャ」】
本性が解らないというのは、物語的に面白い展開が望めそうでワクワク。最後までどれが本性か解らないまま終るというのも有りかもしれないけどw

【「葵タングッズと言えば『日本じゃ一番だ』でお馴染みの秋葉原オタミックスで買ったニャ!」】
オタミックスだよねぇ~。

【「バンじゃなくて俺、載寧龍二なんで…スミマセン」「あ、でも、ずっとファンでいてくれて嬉しいです。有難うございます!」】
これは観ようによっては載寧龍二さんのファンを大切に想う姿に胸打たれる美しいシーンなのだが、赤木目線で観ると非常に痛ましいシーンだ。彼にとっては憧れのヒーロー本人の口から「お前の好きなヒーローは虚構だ」と宣言されたようなものなのだから。まさに死刑宣告。傷心の赤木にトドメを指す言葉としてこれ以上のものはないだろう。こういう多角的な視点が入り組む脚本は本気で素晴らしいと思う。

■案の定長くなったので次回へつづく!
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。