スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アキバレンジャー3話

27442509.jpg
■葵ちゃんのエロ漫画描いてるんですけど、パーツ的な特徴がツインテール(ツーサイドアップとも言うらしい)くらいしかないので、言われないと誰だか解んないもんって感じ。せめて変身に使用してると思わしき左腿に付けてるクリスタルくらいは描くべきだったのかー!?

■そんで、アキバレンジャーを観ていて思ったことをダベリングる試み第三話編を始めますよ。実は半分くらいまで書いて誤って記事を消してしまったのでテンション落ち気味なんだ!

【「全部妄想じゃねーかって?だったら何だ!」】
何という男気!リアリティを出そうとするがあまり、設定に設定を重ねたあげく嘘臭くなってしまいがちな昨今の風潮からは考えられない程の投げやりっぷりが、逆にリアリティを出しているとは皮肉なもの!

【「本物のデカレッドが言ってくれたんだ!待ってるぜって!」】
既に現実と非現実の境目がなくなってきている!まさに番組のキャッチコピーであるところの「痛さは強さ!」をガリガリ発揮してる真っ最中!

【「妄想パワー…まだまだ開発の余地がありそうね」】
この「仕掛け人すら全てを把握していない」というのは地味に重要な演出ですな。こうやって「余白」を作る事によって、後出しっぽい設定などにも違和感を抱かせないという手練手管!やらしい感じ!

【「赤木さんは?」「今日は見てないニャ」「仕事なんじゃないですか?」】
どうやらアキバレンジャー達が『ひみつきち』に集合するのは、仕事や学業が終了したアフターファイブな模様。完全にクラブ活動とかのノリである!

【「女かな?」「(笑)赤木さんだよ?どうせオタク仲間だって」】
まさか本当に白衣美人な女性からのTELだとは夢にも思うまい!ざまぁみよッッ!orz

【「恋愛フラグキタ━━━(゚∀゚)━━━!!」】
「もっと妄想せよ!痛くあれ!」を謳うこの作品の表層的なテーマにおいて、反語である所の「現実の恋愛対象が居る」という点は、物語的にフックとして作用する予感!

【「ステマ乙!この街を貴様らの好きにはさせないぞ!」】
とうとうアキバレンジャーとは無関係な知人の前でも重妄想してしまう赤木さんの図!一般的なヒーローものなら中々の重大な展開である筈だが、1話の冒頭シーンや今回の後輩2人のリアクションを見る限り「普段の赤木さん」以外の何ものでもないらしい。痛すぎて泣けてくる!

【メイド姿からホステス姿に変えられて狼狽する女性達】
「きゃー!」とか言ってるが、恥ずかしさという点ではどっちもどっちである!

【「さぁみんな早く!逃げて!逃げてぇ!」】
これは妄想世界だからともかく、平成ライダーなんかでは何度言われたのか集計したい台詞である!何故みんな都合良く逃げてくれるんだ! 余談だが平成ライダーの多くを手がけている小林靖子&井上敏樹脚本の『ウィッチブレイド』でも主人公が度々口にしていた台詞である!なぜ奇っ怪なオモシロイベントを前にして、ちゃんと逃げてくれるんだ一般人!

【重妄想解除された赤木】
「かっこよく女の子助けるぞォォォ!!!!」
後輩の2人居ない! 帰ってる!超、帰ってるよ! やっぱり「いつもの赤木さん」でしかないのかー!?(涙)

【『ひみつきち』前に駐車されたイタッシャー】
シリアスなBGM
それ、仕舞っておけよ!

【「アキバレンジャーの強さは妄想力に比例するから~」「お酒の力を借りれば僕達もっと強くなれるって事だよね」】
まさに「酔う力」=「妄想ワールドをより強固にする」という同じアホなら踊らにゃソンソン的な、我々オタク世界において通例化している事象である。ていうか、ここまでの展開的に考えて、アキバレンジャーってウチ等だよね?ウチ等の設定(生態)を無断使用してるよね? そうか!実はこれはドキュメンタリーなんだ!あぁ、そうなんだぁ!
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。