スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対に恥かしがってはいけない航空団 am8:00

for143.jpg
■前回同様、羞恥心を露呈してしまうとお尻叩きです。本家「笑ってはいけない」では、時折出現するゲストの芸人さんが最強の持ちネタを行使してDTを笑かしにかかってくる、お笑いの祭典のようなノリがあるのですが、そういう雰囲気で読んで頂けると、結構面白いんじゃないかなと思います。無論、山盛りのじゃが芋とズボンを脱ぎだすシーンを「ゲルトルートの持ちネタ」と勝手に捉えてるのは我々なのですがw 藤原さんがスコープドッグなのは、SWのナレーションがボトムズの主人公であるキリコ役で有名な郷田ほづみさんである事に因んでいます。左肩が赤いのも「ボトムズ本編でキリコが乗ったマシン」という意味合いを示しています。個人的には「ヨゴレ軍人」というフレーズが気に入ってます。ヨゴレとは「不潔さ」や不浄といった意味ではなく、芸人用語の「本来の仕事とは逸脱した事を売りにしている」というニュアンスを指します。

■似たような構図が続く割に、背景を出来るだけ徹底して描き込んだので大分疲れました。前回語った今年の抱負を早速無視しているのですが、言葉や発想で攻める「漫才」ではなく、状況の可笑しさをえがく「コント」を描きたい欲求があったので、舞台装置が丁寧な程、コントとしての完成度は増すのではないかと信じて頑張りました。人間の後姿が語る「威圧感」とか「間抜けさ」というのも中々よく表現できたような気がします。

■ところで、ここ数日、訪問して下さる方の数が異様に多くて「マジビビルわぁ!」な状態だったのですが、前回の記事にリンクを張って頂けたようで嬉しい誤算でした。有難う御座います(ぺこり)。そんな数の人には見られてないと思って、いっちょ前にTV番組の感想とか書いちゃってるのがちょっと忍びないけども…w
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。