スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大正野球娘。最終回の感想・補足(バレ有り)

for173.jpg
■画像は『武者巫女 巴』とか言おうとして止めたやつ。言っちゃったけど; しかも従者の名前が「シズカ」って!連想せざるを得ない。後ろに居るのは『冥土へ誘うもの小梅』。声優ネタなのか名前ネタなのかもう訳ワカメ。クイーンズブレイド知らない人は何が何やらでごめんなさい;

■前の記事で、語弊があるというか、言葉足らずな所があって補足がしたかったので落描きUP上等で新しい記事を書いちゃいます。自分は「勝ち」とか「負け」とか、そういう単語を使ってますが、そーいう物の考えで帰結しなかったのが、またこの作品の凄い所だと思うんです。いや、勿論「朝香に勝つ為」に努力していた櫻花會だったわけですが、最終的には雪が吐露した「我が青春に悔い無し」的な語りが全てなのかなぁと。何だかんだで、男が偉いとか女が偉いじゃなく、「頑張ってる女の子って魅力的でしょ?」という部分を表現した作品だったんだと思います。

■聞く所によると、原作では朝香戦の後、「たこ焼き勝負」が始まるとか。全然描けるよアニメのスタッフなら。二期も行ける行ける!たまたま今回は野球をやっていた彼女達ですが、大掴みな解釈をしてしまえば、この作品の場合、勝負の題材はあまり重要ではないような気がします。そう書くとまた語弊があるかもしれませんが、作り手側が一番伝えたい部分は、前述した「努力する女の子」な部分なような気がして、野球の部分は物凄く本格的に描写したガジェット(小道具)だったように思うんですね。小道具のリアリティや説得力が物語りをより深みのあるものに高めたというか、そんな感じだったと思います。実際に最後の朝香戦以外は野球の試合展開で魅せる構成ではなかったし、野球に対して女の子がどう接するのか?という描写が中心で、「野球賛歌」の話ではなかった筈。マニアも唸らせる細かい野球知識や描写の多さに意識が引っ張られてしまうけど、やっぱり「青春を謳歌する女の子」が主題だったように思います。今回はその「青春」の部分が野球だったと。そう考えると、頑張ってる女の子大好きの自分としては、取り立てて珍しい題材ではない「料理勝負」のアニメ化にも、どうしても期待感が高まってしまうダナ。

スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。